学科のPOINT

カリキュラム

卒業生インタビュー

ほっとする優しさを持つ看護師になりたい。そのための高等学校+専攻科2年です。

求められる仕事にやりがいを感じています。

現在の仕事について教えてください

慢性腎不全の患者さんに血液浄化療法を行う「人工透析センター」で看護師として働いています。現在は看護師長としてスタッフを育てることにも取り組んでいます。

看護師という職業の魅力をどう感じていますか

透析患者さんは全国的にみて毎年3万5000人を超える透析導入があり、年間で8000人~1万人ずつ増えています。透析室看護師はその患者さんと一生向き合って看護しなければならないため、今後ますます求められる仕事だと思います。必要とされる、社会の役に立つ、と思えることは働きがいにつながります。

看護師を目指す人へのメッセージをお願いします

私はこの病院で働くようになってから透析技術認定士の資格を取得しました。就職後も学び習得しなければならないことはたくさんありますが、その分、目標を持って仕事ができます。

天野 誠司さん
〈あまの せいじ〉
(三津浜中学校出身)平成8年卒業
「南松山病院 人工透析センター」
看護師長

分娩に感動!将来は助産師になりたいです。

看護師になりたいと思ったのはなぜですか

身近な人の死に接し、医療の知識があれば役に立てたかもしれないと思ったりしたことがあり、中学2年の時に医療関係の仕事をしたいと考え始め、将来の目標を看護師にしました。城南の看護科を選んだのは、自分のペースで勉強ができそうな気がしたのと、共学だったからです。

城南高校はどんな学校でしたか

勉強は楽ではありませんでした。でも、先生が自分に合う勉強方法や実習前の自己学習のペース配分などを具体的に教えてくれるので心配ありませんよ。生徒は個性的な人が多かったので、ワイワイ楽しい高校生活が過ごせました。

現在の目標を教えてください

自分の仕事に一生懸命取り組み、知識や技術を高めていくことが目標です。分娩に立ち会う機会があり、分娩そのものに感動し、将来は助産師になって分娩に携わりたいと思っているので、助産師になるための挑戦もしたいです。

林 彩華さん
〈はやし あやか〉
(余土中学校出身)平成28年卒業
「愛媛大学医学部附属病院」
看護師

先生紹介

生徒一人ひとりを大事にする“親心指導”で寄り添う心を持つ看護師を養成します。

生徒一人一人に寄り添い、それぞれに合った指導で、看護師資格取得へと導きます。人の思いを受け止め、人を癒すことのできる看護師の育成を目標としています。専門的な知識や技術を教えるとともに、なごやかな雰囲気や生徒に寄り添う気持ちを大事にしながら「豊かな心」を育てる教育に取り組んでいます。

「看護師になる」という目標を忘れずに頑張って!

指導のモットー
生徒と向き合い、生徒をよく知り、個性に合った指導。
城南生へ
卒業まで「看護師になる」という目標を見失うことなく、元気に頑張ってください。クラスメイトとのチームワークも大切に!
中学生のみなさんへ
専攻科卒業まで5年間、国家試験もありますし、学習面では大変な部分もありますが、サポートしますから一緒に頑張りましょう。

看護科 関谷 昌代〈せきや まさよ〉

一歩一歩が大切です。できるまで、しっかり指導します。

指導のモットー
できるまで何度でも。
城南生へ
何事にも一生懸命取り組んでください。みなさんの一歩一歩を応援しています。
中学生のみなさんへ
城南高校はなごやかですし、看護科は少人数なので家庭的な雰囲気です。私たち教師は家族のように寄り添って指導します。

看護科 亀井 千富〈かめい ちとみ〉

城南はフレンドリーです。学生時代を楽しみましょう!

指導のモットー
看護という仕事の素晴らしさを、経験談を通して伝える。
城南生へ
「難しい、つらい」を乗り越えると、喜びがあります。限りある学生時代を楽しみ、「今、やるべきこと」に取り組んでください。
中学生のみなさんへ
城南高校はフレンドリーなので、過ごしやすいと思います。看護師を目指すみなさん、強い意思を持って城南高校へ。

看護科 戸井田 薫〈といた かおる〉


受験生の方へ

9月の主な行事予定

  • 体育大会
  • えひめ国体

松山城南高校 2016.文化祭 MOVIE

卒業生の方へ

QRコード
http://www.matsuyamajonan-h.ed.jp/

ページ先頭へ